著書


檜垣智也、川崎弘二協力.アクースモニウムによる音の世界 再創造される電子音楽の可能性.
◎engine books.2016/01/29.

ピエール・アンリ、川崎弘二・檜垣智也編.音の芸術.
◎engine books.2015/09/11.

Plus Documents 2009-2013.
◎engine books.2014/12/25.【協力】

松井茂責任編集、川崎弘二編集協力.洪水 第13号 特集 松平頼暁 What's next?.
◎洪水企画.2014/01/31. 
http://www.amazon.co.jp/dp/4902616610

坂本龍一、小沼純一、三輪眞弘、川崎弘二.commons: schola vol. 13 電子音楽.
◎commons.2014/01/29.
http://www.amazon.co.jp/dp/B00GIA6A28

川崎弘二、松井茂編.日本の電子音楽 続 インタビュー編.
◎engine books.2013/06/30.
http://www.amazon.co.jp/dp/4990595432/

鈴木治行著、川崎弘二編.脱臼す、る時間.
◎engine books.2013/02/15.
http://www.amazon.co.jp/dp/4990595424/

川崎弘二編著.篠原眞の電子音楽.
◎engine books.2012/05/31.
http://www.amazon.co.jp/dp/4990595416/

川崎弘二編著.黛敏郎の電子音楽.
◎engine books.2011/08/28.
http://www.amazon.co.jp/dp/4990595408/

川崎弘二編著.日本の電子音楽 増補改訂版.
◎愛育社,2009/03.
http://www.amazon.co.jp/dp/4750003549/

川崎弘二、協力:大谷能生.日本の電子音楽.
◎愛育社,2006/07.
http://www.amazon.co.jp/dp/4750002704/


著作など


阪本裕文、執筆協力:江口浩、川崎弘二、佐藤洋.解題.
◎阪本裕文編.松本俊夫著作集成 Ⅰ 1953-1965.森話社.2006/05/31.559-594.

川崎弘二.「武満徹の電子音楽」(雑誌「アルテス」連載)における調査・研究 1950年代を中心に 発表者による要旨.
◎日本音楽学会 西日本支部通信 2016/03;10:8.

牧野 貴、川崎弘二.ミュジーク・コンクレート/シネマ・コンクレート.
EXP 2015.2015.12.04.

川崎弘二.無題.
◎下山一二三邦楽個展 チラシ 2015年11月配布

川崎弘二.テクノロジー(とそのエラー)と電子音楽 刀根康尚とオヴァルのスキップ.
◎ポストロック・バトルフィールド 「以後」と「音響」の文化誌 A Culture Book for Post'n'Sound 別冊ele-king ele-king books.Pヴァイン,2015.09.15.144-147.

川崎弘二、柴崎愛美.The coolest image maker 電子音楽は『カッコいい』を先導する.
◎Them magazine 2015 autumn fashion issue No. 007 月刊EXILE 10月号別冊.Righters,2015.08.23.120-122.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第16回 中村登の映画のための音楽(後編).
◎アルテス AUG. 2015 電子版.アルテスパブリッシング,2015.07.31.79-94.
◎アルテス AUG. 2015 紙版.アルテスパブリッシング,2015.08.26..

川崎弘二、阪本裕文.ジム・オルークの電子音楽 その誕生から現在まで.
◎ジム・オルーク完全読本 All About Jim O'Rourke 別冊ele-king.Pヴァイン,2015.05.15,60-63.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第15回 中村登の映画のための音楽(前編).
◎アルテス JUN. 2015 電子版.アルテスパブリッシング,2015.05.31,69-84.
◎アルテス JUN. 2015 紙版.アルテスパブリッシング,2015.06.20,.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第14回 映画「狂った果実」の音楽(後編).
◎アルテス APR. 2015 電子版.アルテスパブリッシング,2015.03.31,111-131.
◎アルテス APR. 2015 紙版.アルテスパブリッシング,2015.04.17,.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第13回 映画「狂った果実」の音楽(中編).
◎アルテス FEB. 2015 電子版.アルテスパブリッシング,2015.01.31,99-111.
◎アルテス FEB. 2015 紙版.アルテスパブリッシング,2015.02.20,.

川崎弘二.無題.
◎ウェブサイト「一ノ瀬響 よろこびの機械」2015年1月23日発売
http://novelsounds.jp/kyo-ichinose/

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第12回 映画「狂った果実」の音楽(前編).
◎アルテス DEC. 2014 電子版.アルテスパブリッシング,2014.11.30,145-155.
◎アルテス DEC. 2014 紙版.アルテスパブリッシング,2014.12.19,.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第11回 映画「銀輪」のミュジック・コンクレート(後編).
◎アルテス OCT. 2014 電子版.アルテスパブリッシング,2014.09.30,88-103.
◎アルテス OCT. 2014 電子版.アルテスパブリッシング,2014.10.17,.

川崎弘二.無題.
◎安野太郎 ゾンビ音楽 チラシ 2014年10月配布

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第01回 映画「銀輪」のミュジック・コンクレート(前編).
◎アルテス AUG. 2014 電子版.アルテスパブリッシング,2014.07.31,93-101.
◎アルテス AUG. 2014 電子版.アルテスパブリッシング,2014.08.20,.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 9回 1956年の舞台のための音楽.
◎アルテス MAY/JUN. 2014 電子版,アルテスパブリッシング,2014.05.31.61-84.
◎アルテス MAY/JUN. 2014 紙版,アルテスパブリッシング,2014.06.30.60-83.

川崎弘二、檜垣智也.電子音楽コンサート 関西初の電子音楽演奏会(1957)再現.
◎演奏会「実験工房 in 新開地」プログラム.2014.05.11.

浅野友美.1957年の前衛を再現 電子音楽 今も斬新 「実験工房」の情熱感じて.
◎讀賣新聞 神戸明石版 2014/05/03.25.【コメント】

岡本隆子、川崎弘二.作品解説.
◎演奏会「東京都現代美術館開館20周年記念事業 フルクサス・イン・ジャパン 2014 #1 小杉武久」プログラム.2014.04.13.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第8回 1956年のラジオ・ドラマ.
◎アルテス MAR. 2014 電子版,アルテスパブリッシング,2014.03.31.153-167.
◎アルテス MAR. 2014 紙版,アルテスパブリッシング,2014.06.30.152-166.

川崎弘二.武満徹 ルリエフ・スタティク.
◎演奏会「ひびき・ま・かたち 音楽場の創成」プログラム.2014.03.14.6.

松平頼暁、有馬純寿、川崎弘二(構成).講演再録「日本の電子音楽の歩み」.
◎洪水 第13号.洪水企画,2014/01/31. 

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第7回 木・空・鳥/クラップ・ヴォーカリズム.
◎アルテス JAN. 2014 電子版,アルテスパブリッシング,2014.01.31.155-167.
◎アルテス JAN. 2014 紙版,アルテスパブリッシング,2014.06.30.154-166.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第6回 ミュジック・コンクレート「ヴォーカリズムA・I」.
◎アルテス NOV. 2013 電子版,アルテスパブリッシング,2013.11.30.153-172.
◎アルテス NOV. 2013 紙版,アルテスパブリッシング,2014.06.30.152-171.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第5回 ミュジック・コンクレート「ルリエフ・スタティク」.
◎アルテス SEP. 2013 電子版,アルテスパブリッシング,2013.09.30.131-143.
◎アルテス SEP. 2013 紙版,アルテスパブリッシング,2014.06.30.130-142.

川崎弘二.一柳慧 トライクローム.
◎演奏会「リレーション '70 第2回演奏会」プログラム.2013/09/08.5.

川崎弘二、中川克志.横浜建築都市学.
◎常盤台通信 No. 0.横浜国立大学大学院都市イノベーション学府 Y-GSCスタジオ.2013/04/01.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第4回 ラジオ・ファンタジー「炎」.
◎アルテス Vol. 04,アルテスパブリッシング,2013.03.20.182-193.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4903951634/

川崎弘二.「実験工房」果敢な音づくり 戦後の前衛芸術 先駆的な功績 若さ・渇望 豊かな時代精神.
◎讀賣新聞 2013/02/28.29.

野々村禎彦.日本の戦後前衛第一世代について:「実験工房」同人を中心に.【協力】
◎演奏会「大井浩明 POC#15 実験工房の切り拓いたもの」プログラム.2013/02/22.

川崎弘二.実験工房の音楽/楽曲解説.
◎CD「実験工房 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ特別編」解説.ナクソス・ジャパン,2013/01/23.
http://www.amazon.co.jp/dp/B00APXMRVW/

川崎弘二.実験工房の電子音楽.
◎実験工房展 戦後芸術を切り拓く.読売新聞社・美術館連絡協議会, 2013.01:246-248.

川崎弘二.実験工房第2回発表会 現代作品演奏会/実験工房第4回発表会 園田高弘渡欧記念 現代作品演奏会/実験工房 シェーンベルク作品演奏会/実験工房 室内楽作品演奏会/ミュージック・コンクレート 電子音楽 オーディション/第1回現代音楽の夕 アルス・ノヴァ/作曲家の個展 実験工房ピアノ作品演奏会.
◎実験工房展 戦後芸術を切り拓く.読売新聞社・美術館連絡協議会, 2013.01:76, 80, 96, 122, 136, 144.

川崎弘二.楽曲解説/一柳慧インタビュー.
◎CD「一柳慧 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ」解説.ナクソス・ジャパン,2012/12/06.
http://www.amazon.co.jp/dp/B0099DTO9M

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第3回 ミュジック・コンクレートとシュルレアリスム.
◎アルテス Vol. 03,アルテスパブリッシング,2012.10.24.159-168.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/490395157X/

川崎弘二.楽曲解説.
◎CD「石井眞木 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ」解説.ナクソス・ジャパン,2012/10/24.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0099EYRI4/

川崎弘二.松本俊夫の映画音楽.
◎神内有理編.白昼夢 松本俊夫の世界 幻想のラディカリズム.町立久万美術館,2012/09/08:28-32.

川崎弘二.無題.
◎演奏会「有馬純寿×檜垣智也 デュオ・コンサート」チラシ.2012/08.

能美亮士、清水慶彦、川崎弘二、竹内直、増田真結.電子音楽作品の上演についての実践的考察 1 黛敏郎作品のマスタリングを例として.
◎ハルモニア 42号 京都市立芸術大学音楽学部2011年度研究紀要,2012.03.23.45-55.

森下隆、野田はるか、青木直子、小菅隼人、大谷燠、楠原偕子、小林昌廣、伴野久美子、田尻陽一、川崎弘二、亀村文彦、本間友.<発表報告 1>土方巽 舞踏 大解剖 VI Nakanoshima Hijikata '68 - '70 - '72.
◎森下隆、本間友編,幻の万博映画「誕生」アストロラマで踊る土方巽へ.慶応義塾大学アート・センター,2012.02.29.10-17.

川崎弘二.武満徹の電子音楽 第2回 ミュジック・コンクレートへの着手.
◎アルテス Vol. 02,アルテスパブリッシング,2012.04.05.143-154.
http://www.amazon.co.jp/dp/4903951529/

川崎弘二.楽曲解説.
◎CD「林光 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ」解説.ナクソス・ジャパン,2012/03/28.
http://www.amazon.co.jp/dp/B00775O4EY/

川崎弘二.楽曲解説.
◎CD「松平頼暁 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ」解説.ナクソス・ジャパン,2012/03/28.
http://www.amazon.co.jp/dp/B00775O4DK/

川崎弘二.楽曲解説.
◎CD「湯浅譲二 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ」解説.ナクソス・ジャパン,2011/12/14.
http://www.amazon.co.jp/dp/B006262IR4/

川崎弘二.楽曲解説.
◎CD「黛敏郎 NHK『現代の音楽』アーカイブシリーズ」解説.ナクソス・ジャパン,2011/12/14.
http://www.amazon.co.jp/dp/B00624OJHI/

川崎弘二.武満徹の電子音楽 1 ミュジック・コンクレートの構想.
◎アルテス Vol. 01 2011 Winter,アルテスパブリッシング,2011/11/30.165-173.
http://www.amazon.co.jp/dp/4903951499/

Takehisa Kosugi, edited by Takako Okamoto and Koji Kawasaki "Instruction works".
◎HEAR sound art library, 2011/06.
◎Max Eastley, Takehisa Kosugi, Walter Marchetti "Gone with the Wind" Raven Row, London, 2011/06/09-07/17.【展示】

Takehisa Kosugi, edited by Takako Okamoto and Koji Kawasaki "Selected performance history, exhibition, and bibliography".
◎HEAR sound art library, 2011/06.
◎Max Eastley, Takehisa Kosugi, Walter Marchetti "Gone with the Wind" Raven Row, London, 2011/06/09-07/17.【展示】

川崎弘二.「タルホ・フューチュリカ」をいま読むには.
◎マガジン航,2010/10/02.

川崎弘二、佐々木暁、西耕一.黛敏郎 主要ディスク.
◎西耕一、市川文武編.黛敏郎の世界.ヤマト文庫,2010/05:228-239.
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4126/

川崎弘二.黛敏郎の電子音楽.
◎西耕一、市川文武編.黛敏郎の世界.ヤマト文庫,2010/05:172-182.
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4126/

川崎弘二.小杉武久のCDとDVD.
◎Music Scene,2009/11/25.

川崎弘二.Liner Notes(無題).
◎演奏会「21.1世紀の音楽会」プログラム.2009/10.

川崎弘二.小杉武久 二つのコンサート.
◎国立国際美術館ニュース 2009/10.174:4-5.

川崎弘二.戦後に咲いた徒花? 電子音楽が結んだ大きな“実” 「日本の電子音楽・増補改訂版」著者に聞く.
◎Zakzak,2009/06/12.

川崎弘二.小杉武久 二つのコンサート.
◎演奏会「小杉武久 二つのコンサート」チラシ.国立国際美術館,2009/04.

川崎弘二.小杉武久+藤本由紀夫展「音楽」.
◎AC2 Magazine for Document & Critic 10号.国際芸術センター青森AIR実行委員会,2009/03:52-55.
http://www.acac-aomori.jp/publication/publications.htm

川崎弘二.小杉武久 Catch-Wave '97.
◎CD「小杉武久 Catch-Wave '97」解説.DiskUnion,2008/12.
http://www.amazon.co.jp/dp/B001KDO8QS/

川崎弘二.タージ・マハル旅行団 「旅」について.
◎DVD「タージ・マハル旅行団 『旅』について」解説.DiskUnion,2008/12.
http://www.amazon.co.jp/dp/B001KAJLOA/

川崎弘二.タージ・マハル旅行団 Live in Stockholm 1971.
◎CD「タージ・マハル旅行団 Live in Stockholm 1971」解説.DiskUnion,2008/12.
http://www.amazon.co.jp/dp/B001KDO8Q8/

川崎弘二.音の降る雨林.
◎InterCommunication 2003/Autumn.NTT出版,2003/10;12 (4):182-183.
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100001387

川崎弘二.音楽の進歩か?芸術の進歩か?.
◎Musee Vol. 42.Tower Records,2003/03;42:12-13.

川崎弘二、大谷能生.小杉武久インタヴュー トリップとトラベルは違う.
◎Studio Voice 2000年7月号.インファス,2000/07/01;295:34, 51-52.

川崎弘二、大谷能生.モジュレーション年表.
◎Modulation Official Book.アップリンク,2000/07:18-25.

 

著書 歯科系


川崎弘二.歯周疾患の予防 予防方法.
◎荒川浩久,尾崎哲則,神原正樹,三宅達郎 編.口腔衛生学 口腔保健統計を含む 第3版.学建書院,2016:80-82.

Kambara M, Kawasaki K, Doi T, Jin K, Uene M. Oral disease, tooth number, oral tissue and dietary habit, ang aging.
◎The Current evidence of dental care and oral health for achieving healthy longevity in an aging society. Japan Dental Association, 2015: 24-33.

神原正樹,川崎弘二,土居貴士,神 光一郎,上根昌子.口腔疾患、歯数、口腔組織、食習慣とaging.
◎EBM集編集委員会 編.健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス2015.日本歯科医師会,2015:24-34.

川崎弘二.食生活と健康 食品保健.
◎安井利一,神原正樹,荒川浩久 編.スタンダード衛生・公衆衛生 改訂新版 第14版.学建書院,2015:117-149.

川崎弘二.歯周疾患の予防 予防方法.
◎荒川浩久,尾崎哲則,神原正樹,向井美恵 編.口腔衛生学 口腔保健統計を含む 第2版.学建書院,2014:80-82.

神原正樹,川崎弘二.齲蝕の原因とその予防.
◎荒川浩久,神原正樹,安井利一 編.スタンダード口腔保健学 健康科学として考える 第4版.学建書院,2014:127-152.

神原正樹 編著,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,土居貴士,神 光一郎,上根昌子,日吉紀子.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法 第7版.学研書院,2013.

川崎弘二,神原正樹.S-RPGフィラー配合歯面コーティング剤がエナメル質の初期齲蝕の再石灰化に及ぼす影響.
◎界面機能性ガラス研究会 ver. 2 最終報告書.2012:4-18.

神原正樹,井上 孝 監訳,和泉雄一,祇園白信仁,倉治ななえ 訳,南原弘美,荒川真一,川崎弘二 協力. オーラル ヘルス アトラス 世界の口腔健康関連地図.口腔保健協会,2011.

神原正樹,川崎弘二.齲蝕の原因とその予防.
◎荒川浩久,神原正樹,安井利一 編.スタンダード口腔保健学 健康科学として考える 第3版.学建書院,2010:119-144.

神原正樹 編著,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,土居貴士,神 光一郎,上根昌子,日吉紀子.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法 第6版.学研書院,2010.

川崎弘二,神原正樹.QLF初期う蝕検出・診断システム.
◎田上順次,花田信弘,桃井保子 編.う蝕学 チェアサイドの予防と回復のプログラム.永末書店,2008:116-120.

川崎弘二.生体および医療分野におけるゼータ電位.
◎ゼータ電位利用集 基礎/測定/解釈・濃厚/非水系・分散安定.情報機構,2008:390-398.

川崎弘二.歯周疾患の予防 予防方法.
◎荒川浩久,尾﨑哲則,神原正樹,向井美惠 編.口腔衛生学 口腔保健統計を含む.学建書院,2008:80-82.

神原正樹 編著,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,土居貴士,神 光一郎,上根昌子,日吉紀子.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法 第5版.学研書院,2008.

川崎弘二,神原正樹.QLF 目に見えない初期う蝕の定量的な評価が可能.
◎デンタルダイヤモンド社書籍編集部編.予防歯科のすぐれモノ17+α ヘルスケア歯科診療室発.デンタルダイヤモンド社,2006:44-49.

神原正樹 編著,永目誠吾,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,上根昌子,奥村紀子,土居貴士.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法 第4版.学研書院,2006.

神原正樹 編著,永目誠吾,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,上根昌子,奥村紀子,土居貴士.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法 第3版.学建書院,2004.

神原正樹 編著,永目誠吾,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,上根昌子,奥村紀子,土居貴士.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法 第2版.学建書院,2002.

神原正樹,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,上根昌子.口腔年齢 付・歯の寿命シミュレーション.エヌ・ディ・アール,2001.

神原正樹 編著,永目誠吾,上村参生,三宅達郎,川崎弘二,上根昌子,奥村紀子,土居貴士.The Art of Oral Health 口腔衛生学の基本技法.学建書院,2000.

神原正樹,川崎弘二.コンピュータ・シミュレーション・システムを用いた切削トレーニング.
◎歯科で生きるパソコン活かすパソコン 最新機能と活用術の実際.デンタルダイヤモンド社,2000:132-135.

川崎弘二,神原正樹,岡本吉宏,井上 宏.歯の切削コンピュータ・シミュレーション・システムの概要とその特徴.
◎日本補綴歯科学会 編.健康科学における歯科補綴学 21世紀に目指すもの.日本補綴歯科学会,1999:268.

 

総説 歯科系


川崎弘二.大学・短期大学・専修学校における歯と口の健康づくり.
◎大阪府歯科医師会 編.歯と口の健康サポーターの手引き 平成26年度8020運動推進特別事業.2015:3-7.

神原正樹,川崎弘二.Green and sustainable dentistry 持続可能な健康実現社会のために.
◎ザ・クインテッセンス,2014;33:781-782.

森田 学,天野敦雄,伊藤博夫,斎藤俊行,佐藤 勉,廣瀬公治,山本龍生,川崎弘二.歯周疾患の疫学指標の問題点と課題.
◎口腔衛生学会雑誌,2014;64:299-304.

神原正樹,川崎弘二.口の健康と口腔ケア.
◎難病と在宅ケア,2013;18 (11):41-43.

神原正樹,川崎弘二.FDI Vision 2020 口腔保健の未来に向けてのロードマップ.
◎日本歯科医師会雑誌,2013;66:64-67.

神原正樹,川崎弘二,上村参生.バイオフィルム検出における口腔内カメラ活用の意義と使用解説.
◎ザ・クインテッセンス,2005;24:567-573.

川崎弘二. The brain of the future: How new technologies can change our thoughts emotions, and personality.
◎Newsletters for JADR, 2003;2:5.

Matsumura H,Kawasaki K,Kambara M.Measurement of wetting by a dynamic method for the study on protein adsorption.
◎Proceedings of the 7th Conference on Colloid Chemistry, 1997:328-331.

Kawasaki K,Kambara M,Matsumura H.Adsorption of proteins to silica glass treated with fluorosurfactant and its wettability.
◎Proceedings of the 7th Conference on Colloid Chemistry, 1997:286-289.

 

論文 歯科系


Jin K, Kawasaki K, Doi T, Uene M, Kambara M. Plaque removal efficacy of the interdental toothbrush.
◎Journal of Osaka Dental University, 2015; 49:.

神 光一郎,川崎弘二,土居貴士,上根昌子,神原正樹.歯科保健条例および歯科口腔保健法制定後の地域歯科口腔保健推進体制の実態について.
◎日本公衆衛生雑誌,2015;62:294-299.

Kawasaki K, Kambara M.Effects of ion-releasing tooth-coating material on demineralization of bovine tooth enamel.
◎International Journal of Dentistry, 2014; 2014: 463149. 

Kanehira Y, Arai K, Kawasaki K, Baba S, Kambara M. Effect of fluoridated dentifrice on the number of missing teeth.
◎Journal of Osaka Dental University, 2014; 48: 151-157.

神 光一郎,土居貴士,川崎弘二,上根昌子,畑山英明,神原正樹.健康づくり実践高齢者の口腔内状況と健康度との関連についての検討 健康改善カードの活用.
◎口腔衛生学会雑誌,2014;64:351-358.

福嶋克明,川崎弘二,神原正樹.フッ化物配合歯磨剤の市場占有率が世代別の永久歯う蝕経験に及ぼす影響.
◎歯科医学,2014;77:66-75.

木谷憲輔,川崎弘二,神原正樹.学童1年生時の口腔健康レベル診断と予測性.
◎歯科医学,2014;77:1-7.

Doi T, Miyake T, Kawasaki K, Jin K, Uene M, Kambara M. Effect of chewing gum containing phosphoryl oligosaccharides of calcium and green tea extract fluoride on early caries lesions of occlusal surface in 1st permanent molars of 6-7-year-old children.
◎Journal of Dental Health, 2013;63:428-435.

神 光一郎,川崎弘二,土居貴士,上根昌子,神原正樹.電動歯ブラシによるプラークコントロール効果について.
◎歯科医学,2013;76:101-109.

神原正樹,川崎弘二,金平裕久美,上根昌子,土居貴士,神 光一郎.日本の口腔保健におけるビジョン2025 歯科医療需要供給について.
◎ヘルスサイエンス・ヘルスケア,2013;13:43-51.

Nishida Y, Doi T, Kawasaki K, Kambara M. Preventive effect of mouthwash for artificial incipient carious lesions.
◎Journal of Osaka Dental University, 2012; 46: 21-35. 

川崎弘二,三宅達郎,土居貴士,神 光一郎,上根昌子,西田侑平,大橋晶子,村田省三,木谷憲輔,福嶋克明,神原正樹.QLF法により測定した大臼歯咬合面の初期う蝕の1年後の変化.
◎歯科医学,2012;75:12-17.

神原正樹,上根昌子,川崎弘二,土居貴士,神 光一郎.歯科疾患実態調査からみた世代別一人平均年間喪失歯数.
◎ヘルスサイエンス・ヘルスケア,2012;12:79-83.

Doi T, Miyake T, Uene M, Jin K, Kawasaki K, Nishida Y, Ohshi A, Kambara M. Comparison between visual and QLF examinations of incipient caries in deciduous dentition.
◎Journal of Dental Health, 2011;61:233-237.

川崎弘二,酒井怜子,吉川秀一,村川浩子,神原正樹.フッ化物配合歯磨剤懸濁液への浸漬がウシエナメル質人工初期脱灰の再石灰化に及ぼす影響.
◎口腔衛生学会雑誌,2008;58:507-512.

Kawasaki K, Sakai R, Park YD, Kambara M.Effect of fluoride application on remineralization of bovine tooth enamel using QLF in vitro.
◎Journal of Dental Health, 2008;58:482-489.

酒井怜子,川崎弘二,神原正樹.In vitroにおける糖タンパク質とフッ化物配合歯磨剤が人工的ウシエナメル質初期脱灰の再石灰化に与える影響.
◎口腔衛生学会雑誌,2008;58:51-61.

川崎弘二,三宅達郎,神 光一郎,酒井怜子,吉田邦晃,田中浩二,河村泰治,西村有祐,廣瀬泰明,谷本啓彰,山本一世,神原正樹.感染象牙質の除去におけるQLF法の応用.
◎日本歯科保存学雑誌,2008;51:266-273.

田治米元信,川崎弘二,神原正樹.In vitroにおけるエナメル質の脱灰に及ぼす糖タンパク質およびフッ化物応用の影響.
◎口腔衛生学会雑誌,2007;57:126-135.

Takashima R, Kawasaki K, Kambara M. Effect of topical fluoride applications on remineralization of tooth enamel in situ assessed by QLF method and SEM.
◎Journal of Dental Health, 2007;57:2-12.

神原正樹,日吉紀子,川崎弘二,上村参生,三宅達郎,土居貴士,上根昌子,安達 郁,吉田邦晃,田中浩二,河村泰治,脇 勉,田中秀直,上田雅俊,井上宏.バイオフィルムの光学的検出に関する臨床研究.
◎歯科医学,2007;70:204-211.

川上富清,川崎弘二,神原正樹.光誘導蛍光定量法により観察したin vitroにおけるエナメル質再石灰化に及ぼす各種フッ化物応用の影響.
◎歯科医学,2006;69:87-92.

高島隆太郎,川崎弘二,上村参生,酒井怜子,川上富清,小室 崇,西島典幸,田治米元信,多名部 実,小室美樹,神原正樹.エナメル質人工初期う蝕試料の再石灰化におけるQLF観察.
◎口腔衛生学会雑誌,2005;55:41-99.

Kawasaki K, Kambara M, Matsumura H, Norde W. Protein adsorption at polymer-grafted surfaces: comparision between a mixyure of saliva proteins and some well-defined model proteins.
◎Biofouling, 2003; 19: 355-363. 

Kawasaki K, Kambara M, Matsumura H, Norde W. A comparision of the adsorption of saliva proteins and some typical proteins onto the surface of hydroxyapatite.
◎Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 2003; 32: 321-334. 

Matsumura H, Kawasaki K, Okumura N, Kambara M, Norde W. Characterization of the surface of protein-adsorbed dental materials by wetting and streaming potential measurements.
◎Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 2003; 32: 97-103. 

Tsekov R,Matsumura H,Kawasaki K,Kambara M.Effects of dissipation on contact angle measurements using a dynamic method.
◎Journal of Colloid and Interface Science, 2001;233:136-141.

重松佳樹,川崎弘二,神原正樹.日本人の歯の平均寿命に関する研究.
◎歯科医学,2000;63:287-295.

川崎弘二,上村参生,神原正樹,岡本吉宏,井上 宏.歯の切削コンピュータ・シミュレーション・システム(DentSim)の応用とその考察.
◎日本歯科医学教育学会雑誌,2001;16:52-59.

Toyoura Y,Kambara M,Uemura M,Miyake T,Kawasaki K,Watada J.Evaluation of fuzzy regression analysis and its application to Oral Age model.
◎Biomedical Soft Computing and Human Sciences, 2000;6:41-49.

岡本吉宏,井上 宏,川崎弘二,神原正樹.DentSimを用いた臨床教育の展望.
◎歯科人工知能研究会雑誌,2000;8:21-29.

Kawasaki K,Kambara M,Matsumura H.Wettability of proteins adsorbed on silica glasses treated with fluorosurfactants.
◎Colloids & Polymer Science, 1999;277:1058-1064.

Kawasaki K,Kambara M,Matsumura H,Norde W.Measurements of the wettability of protein-covered hydroxyapatite surfaces.
◎Caries Research, 1999;33:473-478.

川崎弘二,阪本 充,重松佳樹,鈴木 一,村田省三,井上富夫,奥村紀子,土居貴士,神原正樹.フッ化物処理ハイドロキシアパタイト表面への吸着タンパク質とそのぬれ性状.
◎歯科医学,1999;62:98-104.

阪本 充,川崎弘二,神原正樹.フッ化物処理ハイドロキシアパタイト表面へのタンパク質吸着とそのぬれ性状.
◎歯科基礎医学会雑誌,1999;41:113-120.

川崎弘二.フッ素系界面活性剤処理をしたガラス表面へのタンパク質吸着とそのぬれ性状.
◎歯科基礎医学会雑誌,1997;39:605-613.

Matsumura H,Kawasaki K,Kambara M.Wetting of protein-adsorbed solid surfaces studied by a dynamic method.
◎Colloids Surfaces B: Biointerfaces, 1997;8:181-188.